オフィスの電気代を削減するための方法

電気代を削減できる仕組み

x

ここでは金属表面修復剤(エネデュース)が電気代を削減する仕組みについて解説しています。

コンプレッサーの性能回復が電気代削減につながる

「金属表面修復剤(エネデュース)」

金属表面修復剤(エネデュース)はコンプレッサーの金属板の摩耗やキズを補修しエアコンの性能を回復させますが、それが結果的に電気代を削減する効果があるということを説明しましょう。

実はエアコンの消費電力量は経年劣化により毎年4~5%の割合で増加していきます。

購入5年後には2~3割増加し、10年後には1.5倍を超えることもあるのです。

消費電力量が上がっていく原因はエアコン内部のコンプレッサーの性能低下にあります。

エアコンはコンプレッサーで冷媒ガスを圧縮して冷房力を生み出しています。

一般的なエアコンのコンプレッサーは「スクロール式」と言って、渦巻き状の2枚の金属板(固定スクロールと旋回スクロール)が摩擦し合うことで冷媒ガスを圧縮します。
これが使用している間に金属表面に微細なキズや摩耗が生じると隙間から冷媒ガスが漏れて圧縮効率が落ちてしまいます。
その結果、冷気のもととなる冷媒ガスを液化させる能力が弱まり、エアコンに負荷がかかることで消費電力量を増加させてしまうのです。

つまり、金属表面修復剤をエアコンに注入することで摩耗やキズを修復し、エアコンのコンプレッサーの性能を回復させることは、増加してしまった消費電力量を新品の頃の状態に限りなく戻すことが可能ということになります。

特に10年以上経過した古いエアコンに対するエネデュースの電気代削減効果は大変大きいと言えるでしょう。

エネデュースで電気代節減に成功した企業の声をチェック>>

消費電力量削減テストの結果

実際に金属表面修復剤・エネデュースによる節電効果がどの程度あるかをテストしたデータがありますのでご紹介しましょう。

テストはメーカー・年式をランダムに選んだ家庭用エアコン41台を1ヶ月間稼働させ、エネデュース導入前後の消費電力量を比較しました。

導入前のデータでは、ほぼ新品の状態のもので使用電力は400kw、使用5年のものが500kw強、10年使用のもので600kw程度になっており、使用期間に比例して消費電力量も増えています。

導入後のデータでは5年使用のもの、10年使用のもの両方共に使用電力はほぼ400kwになっていました。
つまり、エネデュース導入後は10年使用程度のエアコンであれば新品同様の能力を回復したという結果になっています。

エアコンの使用期間と消費電力改善率をみてみると、使用期間3年未満のもので10%前後の改善率、10年を超えるものでは30%以上の改善率となっており、使用期間の長いものほど改善率が高くなっています。

以上のように、消費電力量削減テストではエネデュースのエアコン性能回復能力がいかに優れているかを示す結果となっています。