オフィスの電気代を削減するための方法

デマンドコントローラ

ここでは、企業の電気代・空調代削減のためのデマンドコントローラの特徴や効果、導入費用について解説しています。

照明や空調を自動制御するデマンドコントローラ

デマンドコントローラとは、高圧受電の電力需給者の電力消費量を監視して目標の設定値に収まるように警告したり空調などを自動制御する装置です。

高圧電力の場合、電力メーターが30分ごとの電力の平均値を測定しています。この平均値をデマンド値と言って、1年間の中で最大のデマンド値が契約電力となります。

空調の負荷などが集中して、ある30分が突出して高いデマンド値を記録してしまうと、これをベースにして基本料金が決まってしまうため、それ以降にデマンド値が低くても契約電力が1年間上がってしまうことになります。

デマンドコントローラが節電に効果を発揮する理由は、このデマンド値を目標値に引き下げるための制御をして消費電力を抑制することができるからです。

例えば一日のデマンド値が150kwの会社にデマンドコントローラを導入したとします。目標値を100kwに設定すると、消費電力が100kwに達しそうになると警告を発令、照明や空調を自動的にコントロールして目標値の範囲に抑えようとします。

デマンドコントローラと人気の電気代節減システムを比較してみる>>

デマンドコントローラは年間の電力ピーク月の電力ピーク値をカットすることで年間の基本使用料を下げ、電気料金を削減するのです。

コストに見合った電気料削減が可能かどうかが重要

デマンドコントロールシステムは電力メーターと照明や空調など各種電気機器の間に施工することになります。

導入するに当たってはまず調査が行われ、次に業者から削減計画書の提出、契約後に設置工事という流れになります。

デマンドコントローラ本体の価格は20万円~30万円程度ですが、接続工事が必要になるため工事費を含めた導入コストは通常100万円~150万円かかると言われています。

業者によってはESCO(Energy Service Company)といって電気料金の削減実績から対価を得る成功報酬型の方式を採用していることもあります。
この場合、初期コストは低く抑えることができますが、電気料金の削減効果は小さくなってしまいます。

デマンドコントローラによる電力基本料金の削減率は、ある会社のデータによればホテルで15%、スーパーやホームセンターで20%となっています。この数値が高いか低いかは費用対効果で考える必要があります。

デマンドコントローラを導入する場合は、コスト負担に見合う電気料金削減の効果が期待できるかどうかをよく検討してから決定することをおすすめします。

商品例

  • 三菱電機「デマコン(DEMACON)」
  • 富士電機「デマンドコントローラ」
  • 大崎電気「デマンドシステムコントローラ」