オフィスの電気代を削減するための方法

ガスヒートポンプ

ここではガスヒートポンプの特徴や効果、導入について解説しています。

電気消費量を大幅にカットするガスヒートポンプ

ガスヒートポンプとは室外機のコンプレッサーをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプ運転により冷暖房を行う空調システムのことです。ガスヒーポン、GHPとも言います。

空調機には圧縮機の駆動源に電気を使用した電動機駆動式のエアコン「電気モータヒートポンプ(EHP)」とガスエンジン駆動式のエアコン「ガスヒートポンプ(GHP)」があります。

しくみの違いは室外ユニット内のコンプレッサを動かすエネルギーが電気なのかガスなのかという点のみです。

【click!】ガスヒートポンプと他の電気代の節電システムの効果を比較してみました>>

ガスヒートポンプは補機以外には電力を使用しないことから少ない電力で冷暖房が可能になり、総消費電力は、電気モータヒートポンプと比べ約10分の1で済みます。

電気消費量を大幅に低減させ、電力ピークカットに貢献するため契約電力も抑制され節電対策として注目されています。

環境に優しく暖房能力に優れているがデメリットもある

ガスヒートポンプの燃料に使用するガスはLPガス、都市ガス、天然ガス等がありそれに適合したガスエンジンを選択する必要があります。
また燃料であるガスはSOX(硫黄酸化物)やCO2(二酸化炭素)、NOX(窒素酸化物)の発生も非常に少ないため、環境にやさしいシステムと言われています。

ガスヒートポンプは冷房も暖房も行いますが、エンジン排熱を効率良く活用する仕組みになっているため特に暖房能力に優れており、運転開始後すぐに温風を吹き出し、急速暖房が可能なのが特徴です。

寒冷地でも霜取りはほとんど必要とせず、暖かさを維持することができます。

こうしたメリットがある反面、駆動源がガスエンジンであることから、自動車のエンジンと同じように、エンジンオイル交換や冷却水レベルの点検、エアクリーナー、点火プラグの整備といったメンテナンス費用がかかるのがネックです。
また、初期導入費用が電気式より高かったり、電気式に比べ室外機の設置スペースまたは高さが必要などデメリットもありますので、ガスヒートポンプの導入は慎重に行うことが重要です。

商品例

  • アイシン精機「ガスヒートポンプエアコン」
  • ダイキン「ガスヒートポンプエアコン」